top of page

【ゴライ日記】ヴロツワフの街 & シェアオフィス @ポーランド

3週間、EU 4か国を巡ってきました。

南ポーランド西部のヴロツワフでは

アパートメントでリモートワークしながら、11日間滞在。

サマータイムなので、日本との時差は-7H。

午前中に、オンラインで会議や打ち合わせをし、

デスクワークを済ませたら街へ繰り出して

観光や、美術館やオペラ観賞などして過ごしました。


南ポーランド西部のヴロツワフの街並み

南ポーランド西部のヴロツワフでの大聖堂や馬車

ヴロツワフはポーランドで4番目に大きな町。

コワーキングスペースはありますが、

現地で個人事業主として仕事をする娘の話では、

自宅近くで探しているけど、なかなか見つからないとのこと。

Web検索で、ちょっと気になる個性的な

シェアオフィスを見つけたので、訪れてみました。


ヴロツワフのシェアオフィス入口・赤いレンガの壁

レンガ造りの古い建物をリノベしたシェアオフィス。

アーチ状の真っ赤な玄関を入ると、

白を基調とした洗練された空間に、

お洒落な打ち合わせスペースが目をひきます。

入居スペースは全て完全個室ですが、

廊下や中庭で仕事をする人がいたりと、自由な雰囲気。


シェアオフィス内のロビー、ドア

シェアオフィス内の廊下

シェアオフィスの壁の装飾

レトロな建物を活かしたロゴやサインのデザイン、

インテリアコーディネイト等、とにかくカッコよくて、

思わず写真を撮りまくりました。

たまたま通りがかった入居者の女性と軽く会話しましたが、

「ここに ”コワーキングスペース” はある?」

と聞いても伝わらず・・・

コワーキングは、一般に浸透していないようでした。


シェアオフィスビルの出入口

ウクライナの隣国に位置するポーランド。

ヴロツワフの町はふだんと変わらない様子でしたが、

光熱費が高騰し物価が20%程度上がったそう。


物価は日本の半分くらいと聞いていましたが、

円安も影響して、日本とあまり変わらないという印象。

でも、スーパーで500mlの水が60円、

ウーバーに30分乗っても700円ほど、

EU加盟国のチーズやワインなど、

モノによっては、日本の半値程度で手に入りました。


ヴロツワフの市場

アパートメントに10泊しましたが、

広々としたLDKにベッドルームとウォークインクローゼット、

占有のパティオが付いて2人で一泊1万円。

新鮮な魚は手に入りにくいけど、牛、鶏、豚、ラムなど

様々な肉の多様な種類が、スーパーや市場で手に入り、

果物もリーズナブル。

外食は意外と高く、日本と変わらない感覚ですが、

食材を買ってキッチンで料理すれば、食費も押さえられます。


ヴロツワフの料理

海外では珍しく、コンビニがそこら中にあり、

2week使えるシムが、わずか150円ほどで売られていたので購入。

部屋にWi-Fiはありますが、シムさえあれば、

どこでも不自由もなくネットと電話が使えて、安心。

治安は良く、人も優しい。

冬はかなり寒くなるので大変そうですが、

サマーシーズンには、何度でも行きたいと思える町でした。


・・・出逢いに感謝をこめて・・・



(文:ごらい@ソアラサービス)




Comentarios


bottom of page