【ゴライ日記】折り鶴再生紙を使った新ライン「Re:ORIZURU」をローンチしました

個人も企業も、エシカルな活動「エシ活」が求められる時代・・・

アディダスは、キノコ由来の "レザー" で作ったスニーカーを発表。

エルメスは、皮革製品に使われた後に余ったすべての皮素材の端切れを、

カードケースやドアストッパーの持ち手など別の形で活用。

ユニクロは、回収したペットボトルを再加工してシャツの素材に使い

LGBTQ+と呼ばれるひとなどジェンダーの平等も目指しているなど、

エシ活は、身近なところでもどんどん広がっています。



広島には、年間10,000,000羽(約10トン)もの折り鶴が世界中から贈られます。

4月22日のEARTH Dayを機に、弊社ではEARTH Hiroshima

折り鶴再生紙を使った新ライン【Re:ORIZURU】をローンチ。

一筆箋、ノート、アロマディフューザー、カードケース、万年カレンダーほか、

今後もアイテムを増やし、広島から世界へ平和の思いを届けます。

【Re:ORIZURU】は、エコというだけでなく、

地元クリエイターと製造業の強みを活かした商品開発による地域活性、

また、障がい者や、事情があって外で働くことが難しい女性など多様な人が

自らのできることを活かしながら関わっている「エシカル消費」に基づく商品です。



キャッチコピーは、

「ちょっと、いいこと。ちゃんと、エシカル。」

全てを変えることは容易ではないけれど、できることから一つだけでも。

地球に優しい「エシ活」のきっかけになれば嬉しく思います。


【Re:ORIZURU】公式サイト


(文:ごらい@ソアラサービス)